平成29年10月1日(日) 演奏
ヘンデル「メサイア」
第20回 江戸川鶴岡友好交流演奏会

日  時   平成31年3月〜4月頃  鶴岡市文化会館「荘銀タクト鶴岡」


演奏曲目 カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」

合唱指揮   浅井 隆仁   山口 浩史
        太刀川 琴絵   長沼 真美

練習開始日時:平成29年11月18日 18時半〜 江戸川文化センターリハーサル室








 
    江戸川 カルミナ・ブラーナ
 
    鶴岡 フォーレ レクイエム
 
    ヴェートーベン 第九
    
ハイドン 天地創造

 
    ヘンデル メサイア
 
   モーツァルト「レクイエム」
   ドブロゴス「ミサ」

 

 

 




 


江戸川第九を歌う会(江戸川鶴岡交流合唱団)は友好都市である江戸川区と山形県鶴岡市とで、ベートーヴェンの「第九」を交互に演奏し、両市民の交流を図ることを目的として1994年に発足しました。

 第1回〜第6回までは第九を唱い、7回と8回ではモーツアルトのレクイエム、第11回定期演奏会(江戸川総合文化センター)では大曲カール・オルフ作曲「カルミナ・ブラーナ」に鶴岡公演に引きつづき挑戦しました。鶴岡での第12回公演では、フォーレ「レクイエム」及びヴェルディのオペラ合唱曲を唱い、昨年13回公演では、久しぶりに初心に返り、ヴェートーベン「第九」を唱い、ハイドン「天地創造」にも挑戦しました。
第16回はモーツァルト「戴冠ミサ」とドブロゴス「ミサ」 第17回江戸川公演では、
ベートーヴェン「交響曲第九番」ブラームス「愛の歌O.52]を唱いました。
第18回はヴィヴァルディ「グローリア」を主楽曲 日本の歌、世界の歌を歌いました。
第19回はヘンデル「メサイア」を歌いました。


次回は 「」に挑戦します。

 この合唱団は、音楽を愛する人は誰にでも開かれた団体であること、老若男女が隔たりなく活動しているのが大きな特徴です。
 又、一人ひとりが、全力を尽くして取り組むことにより、楽しく歌えるような情熱あふれる合唱団を目指しています。


 

        

江戸川第九を歌う会

(江戸川鶴岡交流合唱団)